東京しごと財団にて新型コロナウイルス感染症等の拡大防止および緊急時における企業の事業継続対策として、テレワークを導入する都内の中堅・中小企業等に対して、その導入に必要な機器やソフトウェア等の経費を助成されるようです。

(助成対象事業者)
1.常時雇用する労働者が2名以上999名以下で、都内に本社または事業所を置く中堅・中小企業等
2.都が実施する「2020TDM推進プロジェクト」(外部サイトへリンク)に参加していること
※その他にも要件があります。詳細については募集要項をご確認ください。

(助成事業の実施期間)
支給決定日以後、令和2年6月30日までに完了する取組が対象です。

(助成対象経費)
1.機器等の購入費(例:パソコン、タブレット、VPNルーター)

2.機器の設置・設定費 (例:VPNルーター等機器の設置・設定作業費)

3.保守委託等の業務委託料(例:機器の保守費用)

4.導入機器等の導入時運用サポート費 (例:導入機器等の操作説明マニュアル作成費)

5.機器のリース料(例:パソコン等リース料金)

6.クラウドサービス等ツール利用料(例:コミュニケーションツール使用料)
※助成対象となる機器等には指定がありますので、募集要項をご確認ください。

注)一部メーカー等が、自社製品が当該助成金利用でお得に導入できると謳っているようです、東京しごと財団として個別に認めているものではないようなのでご注意ください。